A Golden Bearの足跡


UC Berkeley Haas School (MBA) における、2年間の学生生活の記録です。
by golden_bear
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログパーツ

カテゴリ:入学・卒業準備( 4 )

8/20(木) 東京でのUC Berkeley MBA説明会 告知

我々のMBAプログラムの説明会が、8月20日(木)夜7:30より、渋谷のAgos Japanの建物にて開催されるそうです。一応登録制だと言うことですので、参加希望の方はここより登録お願いいたします。私は残念ながら参加できませんが、Admission留学生担当のDirector及び卒業生の方が来るはずですので、どういう考え方で合格者を出しているのか、何が学べるのか、直接聞ける良い機会だと思います。

Date: August 20, 2009
Time: 7:30 PM
Location: Agos Japan, Ninomiya Building
18-4 Sakuragaoka-cho, Shibuya-ku
Tokyo 150-0031
Japan
Description: An information session for individuals interested in applying to the full-time Berkeley MBA program. Admissions staff and alumni will be speaking and answering questions about the program. Please plan to arrive on time.

ちなみに、他国での説明会は、ここから参照できますので、この時期日本にいない方はこちらもご参照ください。また、キャンパスビジットで直接情報を得たい方は、このページの右下よりご連絡いただければ、極力在校生が対応いたします。
[PR]
by golden_bear | 2009-08-08 11:33 | 入学・卒業準備

AGOS MBA夏祭りへの参加と、あるMBAブログへの投稿記事

「MBA夏祭り」に参加してきました。海の日に開かれたこのイベントは、今年または来年以降にMBAを受験する人々のために、受験予備校のAGOSが用意した、受験生と在校生、卒業生の情報交換の場です。在校生・卒業生側は約30校120名が参加、受験生は何と450名が登録。開場は異常な熱気に包まれていました。

大学によって10名以上の大所帯で宣伝するところや、1-2人で寂しくやっているところも有りましたが、我々Haasは3名でいざ3時間の戦争状態に突入。1時-4時までの3時間、ひっきりなしに押し寄せてくる受験生の大群に、熱い汗も冷や汗も色々かきながら声をからせて喋り捲ることになりました。今までHaasでいろんな就活パーティーに出ていましたが、実は準備する方はこんなに大変だったのか、と疲れ果てました。

そして、家に戻って一日たつと、十数通の挨拶メール(と数十通の御誕生日おめでとうメール:アメリカ人らしい、、、)がやってきました。今インターンがかなり忙しく、1通1通返事をするのが大分先になると思いますので、先にこちらにて返信が遅くなること、お詫び申し上げます。

言葉足らずな返答しかできなかった方々、フォローアップの質問を早速送付された方もおりましたので、つい最近ここ1-2年様々な機会で御世話になった方のブログに寄稿させて頂いた内容に、リンクを貼らせて頂きます。下記、Haasに興味がある全ての皆様方、追加で疑問等ありました方は、まずはぜひご覧下さい。
Adam Markus: Graduate Admissions Guru: Interview with Haas Class of 2010 MBA Student

日本に帰ってきてから1ヶ月間、インターンで無尽蔵に働き続け、それでも時間が空き次第無理やりアポを取って誰かに会いまくるという、超過密スケジュールにしていたつけが回ってきたようで、ザンビアでもならなかった腹痛と風邪にかかったようです。というわけで、次のザンビア編の更新は、8月頭くらいになります。皆様もどうぞ夏バテにはお気をつけ下さい。
[PR]
by golden_bear | 2009-07-22 04:34 | 入学・卒業準備

私の受験体験記と先輩の就職活動体験記

このたびUC Berkeley Haas School of Business 日本人Webサイトの中に、私の「受験体験記」を乗せましたので、もしご興味がある方はトップページのWhat's Newから辿っていくと見れます。(かなり御粗末な失敗を数多く含む恥ずかしい内容なので、直接リンクを貼りません。辿っていただけると幸いです)

さて、何で急に今まで全く使ってなかった"入学準備"のカテゴリーにこの記事を書いたか、といいますと、卒業生の先輩に頼んでいた「就職活動体験記」が締切通りにきちんと届いたためです。一応昔から御世話になっている先輩であり、早速即日UPしなければならない使命感に駆られ、ついでに数ヶ月前から後回しにしていた私自身の記事を載せた、というわけです。また、今年この秋に向けて受験準備をされる方には、今ご覧になられると、時期的には丁度参考になる内容かもしれません。

で、先輩方の書かれた「就職活動体験記」に改めて目を通すと、今の自分が就職に対して悩みもがいているのと、全く同じ道を辿っておられることが身にしみて判ります。特に、

「今の時期に企業が学校の正規ルートを通して募集するポストには、英語とビザの不利がある(特に日本人)留学生はまず通らない。正規ルート以外の道を自分で研究しながら、自分にマッチした企業を時間をかけて探す(勝負は3月以降にあり、一期一会の世界)」

といった点は、私の今の書類審査の歩留りを見ても納得がいきます。ただし、今年が例年とは違うのは、やはり金融危機&不況の影響が直撃しているらしいこと。昨日突然、昨年多くの学生を採用したある人気企業から「XX向けのサマーインターンの応募が開始されました。締め切りは明日です」との連絡があり、しかも500語のエッセイを要求。私も気になる企業ではあるものの、正規ルートではまず入れない所なのでノーマークにしていた所、XXは応募しにくいが自分は該当しないわけではない(注1)、ということに気付き、裏口入学を狙うべく、新学期早々忙しい中無理やり2時間半でエッセイを書き上げ、友人に送りつけて30分でインプットをもらい、その後2時間かけて修正してギリギリで出願してみました。

このように、ある意味学生を拒否するために採用活動やってるんじゃないか、と疑うくらい、今の経済状況・雇用状況は逼迫している、ということなのかもしれません。MBAは入口の受験競争も、過去最高に過熱といわれた昨年を2割以上上回る出願者がいる激戦ですが、出口の就職活動も、このように相当な激戦になっており、これから受験する方、今年来られる方は、心して準備をされることをお勧めいたします。

(注1) 敢えて明かしませんが、もしXXがお分かりの方は、私が相当ストレッチしたエッセイを書いたことも、同時に想像されることと思います。ヒントは、米国大統領の公約です。
[PR]
by golden_bear | 2009-01-22 20:44 | 入学・卒業準備

Craigslistのすすめ- 米国のびっくり価格(2)

日本ではネットオークションのほうが人気なのか、はたまた詐欺師が多いからか、
個人売買の掲示板は廃れてしまっていますが、
アメリカでは、Craigslistという掲示板が、非常に強力です。
もともとCraigさんがサンフランシスコ・ベイエリアで立ち上げたサイトだからかもしれませんが、
ここBerkeleyでは、大学でも「生活立ち上げのためのアパート探し、家具探しはここを使え」、
と推奨するくらい、皆当たり前のように安全に気をつけつつ使っています。
ちなみに今はオークションサイトeBayの傘下ですが、全く手数料無し、
(”.org”ドメインで運用されている)というところで、eBayとは差別化されているようです。

我が家も、運良く大きめの車が米国到着翌日に手に入ったこともあり、
「基本的に$50以上するものは全てCraigslistで買う」、というポリシーで、家財道具を揃えていきました。
その結果、下記のような4つのメリットがありました。

(1) 良いものが安く手に入る
(2) 現場の地理に詳しくなる
(3) 現地人とふれあえる
(4) とにかく、楽しい

(1) 良いものが安く手に入る
先ほど、結局Craigslistでどれくらい買い物をしたか、整理してみました。
必需品ともいえるベッド、ダイニングテーブル、勉強机から、ピアノ、ゴルフセットといった
趣味用品にいたるまで、合計21アイテムを購入していたことが分かりました。
結果、それらを全て普通に行きそうな店で買うと$6,800(約70万円)くらいかかるところを、
総額$1,700(約18万円)程度で抑えて、50万円ほどの節約に成功しました。
平均で、実売価格の75%offで買ったことになります。

もの自体も決して悪いものではなく、例えば日本では15万円くらいするシモンズ社のベッド、
アメリカでは新品で8万円位ですが、Craigslistだと、新品を4年くらい使った、ということで、
中身をきちんと確認した後、ちょっと交渉して送料込み1万円位にしてもらえました。

ちなみに、ここに来る学生さんは必ずIKEAのお世話になる、といわれていたのですが、
私たち夫婦は2回ほどIKEAに行ったものの、ここで手に入れられるものに比べると、
安さも、良さも、あまり感じることが出来ず、
ついに1回も使わなくても生活を立ち上げられることを実証してしまいました。

(2) 現場の地理に詳しくなる
上記21アイテムを買うために訪問した家は15箇所(倉庫も2箇所含む)、うち11箇所で購入しました。
その11箇所の場所を地図にプロットすると、下記のようになります。
(クリックすると拡大されます)
c0174160_1556524.jpg


大体地図中央左の点が集まっているところ周辺に自宅があるので、
本当に東西南北の色々な道や地形を、短時間に、覚えられます。

これにより、下記のような副次的効果も得られます。
・ 短時間に運転がうまくなる
・ 地名とその土地のイメージを覚えるので、会話についていきやすくなる
・ カーナビを買うお金を節約できる

特に2番目の点は、聞き取りにくい固有名詞でリスニングに困る可能性が減ることは勿論、
たとえばStudy Groupの打ち合わせで
「明日Concordにある企業に朝8:30に行ってミーティングだけど、お前来れる?」
というような会話になったときに、
「だったら俺が一番遠いから、7:50にXXの家集合で、みんな拾っていくよ」
という感じで即答できるので、よそ者扱いされることなく打ち解けられる感じがあります。

(3) 現地人とふれあえる
不思議と、Craigslistの利用者は、学生以外は一定以上のステータスがある人
が多い気がしています。したがって、会うことで面白い情報を得ることができます。

・ ベッドフレームを買いにいったら、倉庫でベンチャービジネスをやっている人。
 ちょっとしたビジネスの仕組みと、ベッドを特売している店を教えてもらえた
・ サンフランシスコに行ったら、ついでにジャパンタウンなど観光名所を
 道案内してもらえた
・ ソファーを買いに行ったら、コックさんの家で、中米に引っ越すとのこと。
 バークレー地区の美味しいレストランや観光名所を教えてもらい、
 地図や本をくれた上、妻がワインをご馳走になる
・ 山の上に行ってみたら、大豪邸で、目の保養に

(4) とにかく楽しい
これ、ほとんど宝探しのゲームです。

<掲示板で物を探す>
例えば、電子ピアノ、買いたいものがなかなか無い中でも、1日1件くらいは出てくるのですが、
良いものが掲示された2時間後だと、もう「あなたで4人目だから駄目よ」といわれてしまい、
他にもこんなに血眼になって探している人がいたのか、と驚きます。

<連絡をして、訪問のアポを取る>
一方で、複数の人に同時にメールや留守電を残しておくと、
大抵切羽詰った人はあっという間に電話してきます。
その人と交渉して安くしたり、あるいは物が悪いんだな、と見做して次の人を待ったり、
と、判断の練習になります。
これを、複数商品でブックマークしながらやると、
ポートフォリオマネジメントをしている気分になれます。

<実際に行って確かめる>
ガレージセール以外では、アポが取れた後に、ようやく住所を教えてもらえます。
そして、どこにあるか検索してみてびっくり
c0174160_16385486.jpg



Mountain Blvdやら、Snake Rdやら、道の名前からして大丈夫かな、
物がはずれだったら残念だな、と考えながら、実際に夜の道を走ってみると、
本当に真っ暗のアップダウンの激しい曲がりくねった山道で、
現在位置が分からず、洞窟の中に宝を探しに行くゲームのような気分になれます。


デメリットは下記のような点があります。
・ 不良品が混じっていることがある
 テレビのリモコンで利かないボタンがあったり、体重計のばねが狂っていたり、
 と、その場では見抜きにくい不良が混ざっていることがあります。
 ただし、本当に使うのに困る不良は、明記してあることがほとんどだと思います。
 (そもそも明記している商品を選んで、その内容を聞くようにすると、良いと思います)

・ 行ってみて、欲しいものとイメージが違った場合の疲労が大きい
 ソファーを買いに行くと、なんと猫が何匹もいる家で、ダニがひどそうなもの、
 かつ、車に乗らない大きさのものでした。
 「これは買えない」と言って帰ろうとすると、「明日までに処分しないと家を出れないから、
 ただでもいいから持って行って」と泣きつかれる。
 それでも買わないで見捨てて帰ることになるので、非常に疲労がたまります。

・ 不確定要素が多いので、ストレスがたまる
 連絡を待つのは、ネットオークションで買う側の疲労と似たようなものだと思いますが、
 連絡が来てもスケジュールが合わないと他の人が買うので、神頼みの部分も多いです。

というわけで、良いものが手に入り、さらに人生の経験値が増えること間違いなし、の
Craigslist。渡米される方は、是非トライしてみてはいかがでしょうか。
[PR]
by golden_bear | 2008-10-03 21:10 | 入学・卒業準備


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
最新のトラックバック
景気判断
from MIT Sloan 遊学記
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧